23.「矢野勘治」の頌徳碑、寮歌碑
■所在:龍野公園動物園内の上部
■建立:昭和38年5月26日

 

 矢野勘治は、明治13年、龍野町日山の三木定七の次男に生まれ、矢野家に養嗣子になった。明治32年第一高等学校に入学し、34年3月、2年の時の記念祭に頼まれて西寮々歌「春爛漫」を作詞した。これが好評で翌年の記念祭に東寮々歌「嗚呼玉杯」を作った。
この寮歌は一高健児の意気とロマンを高らかに歌い上げた青春の歌であった。一高時代根岸短歌会に属し興安嶺と号していたこともあった。
 明治39年、東大を出て、横浜正金銀行(現東京三菱銀行)に入社、ロンドン、大阪支店長を歴任し、取締役となり財界に活躍した。吉田首相は東大時代の同級生であり、その誼から頌徳碑の題字が寄せられたのである。昭和36年5月18日に没し、行年82歳であった。