5.「国木田専八」の奉納の玉垣
■所在:龍野神社参堂入口右端玉垣
■建立:明治9年10月
 この玉垣の親柱奉納者は、明治の文豪国木田独歩の父専八と異母兄久保田猛二の二人である。専八47歳、猛二16歳であった。久保田家は専八の父権左衛門(俳号国丸、常照寺に墓碑あり)の実家であったから、猛二を久保田家の後嗣としたのであろう。専八は後に銚子で晩年を過ごすことになるが、明治8年6月司法省出仕と

なり、翌明治9年2月山口裁判所勤務を命ぜられる。この年の5月に妻とくと離縁している。専八は藩士としての最後の奉公として龍野神社に玉垣を奉納したのである。
後に銚子から淡路まんを入籍し、銚子で晩年を送ることとなる。とくとの間には3人の子があったが、淡路まんとの間に生まれた子が国木田独歩であろうと言われている。