文学の小径・哲学の小径
 赤とんぼの歌碑から聚遠亭に通じる桜道を「文学の小径」といいます。
 白鷺山、南斜面に三木清の哲学碑があり、この前の道を「哲学の小径」といいます。
 両小径一帯には多くの碑があり、移りゆく世の変転が見られるかもしれません。また、このあたりは桜の名所で一目3000本の桜は実に壮観です。