かどめふれあい館
 この建物は、明治後期に建てられた町屋を、現在地で原形に沿って再建されたものです。元の町屋は「西播金融」の店舗として使用されていましたが、それ以前のことは不明です。龍野町上川原の通称「かどめ」一帯は、穏やかに湾曲して町屋が立ち並ぶため、町屋の敷地が台形になっています。したがって、平面は通り庭(土間)が敷地のゆがみを吸収するように工夫されています。また、外観を特徴づけている2階の金属の丸格子や黒漆喰の塗り壁は、いずれも龍野町の明治期の町屋に多く用いられた形式です。その大胆な意匠は目立ちますが、当初の形状を忠実に再現したもので、明治期の商家の華やかな表構えの一端がうかがわれます。1階は、元々左端の戸袋から板戸を右端まで引き出す、いたって開放的な店構えでした。この形式も龍野の町屋に特有です。広い店先には、間口いっぱいに渡された暖簾がたなびいていたことでしょう。

 

開館時間:
休館日:



料 金:
使用申込み:
 

10:00〜16:00
月曜日(祝日の場合は翌日)
祝日の翌日
年末年始(12月29日〜1月3日)
その他、臨時休館あり
無料
たつの市都市建設部 町並み対策課
(0791)64−3167(直通)