圓光寺
 剣豪宮本武蔵が慶長年間の一時期、境内に道場を開き、弟子たちに指南していたといわれています。
 「兵道鏡」をここで書いたともいわれています。